子どもたちが小さい頃は、スイミングやそろばんの送迎、サッカークラブの当番や試合の車出し、子ども会の行事やらなんやらで、一年中バタバタと忙しくしていました。
当時は仕事がフルタイムじゃなかったから、なんとかこなしていたけれど、それでも大変でした。

中学~高校生になると、三人とも塾に通っていたので、カレンダーにはそれぞれの塾の予定がギッシリ。
送迎したり、ご飯の時間がバラバラだったり、お風呂に入るタイミングを計算したり。
毎日誰かが塾なので、何かと時間を気にしていました。


e8919ebf9a15b968952bd7239cb29a8e_s





この春、長男が大学生になって寮に入りました。
次男が去年入学した私立高校は、授業だけで大学進学することを目標としている高校なので、塾には行っていません。
三男は、高専に入学して、5年間通うため、一般の大学入試は受けないことになり、当然、大学受験のための塾は必要なくなりました。


こうなると、特に夕方からの家事の段取りが、とても楽になります。

仕事終わったら駅までダッシュしないと・・・!
19時までに夕飯食べさせないと塾に間に合わない・・・!
塾が終わって21時過ぎには帰ってくるから、それまでにお風呂入って夕飯用意しなきゃ・・・!

そういう縛りが全くない。

平日だけじゃなく、土日に子ども関係の予定が入ることも滅多に無くなりました。
特に去年からはコロナ禍で、運動会や文化祭も縮小されてしまって。

教育費は増える一方だけど、毎日22時には家事も終わります。
土日も自分の時間が安定して持てるようになってきて、少しずつ、親の手がかからなくなってきたなぁと実感します。

これでコロナ禍じゃ無かったら、友達と食事や旅行を楽しんだりできるんだろうけれど、今はなかなか、大勢で会ったり、長期休暇に帰省する友達に会うことも難しい。

せっかく増えた自分の時間を、何か有意義に使えたらいいなあ・・・

そう思って、まずは、自分をもっと大事にしようと、ネイルサロンに通い始めました。
食洗機をフル活用していても、少し油断するとアカギレができ、ロクに手入れもしてこなかった私の手。
短かくても、ネイリストさんが綺麗に整えてくれて、キラキラにしてくれた爪。
見るとやっぱり、大事にしなきゃなぁって思う。





そして、最近もう一つ、忘れていたことを思い出しました。
きっかけは、Twitterで、とある学生さんのtweetを読んだこと。



4268913_s


京都大学に現役合格するほど優秀な彼は、大学1年で胸の胚細胞腫瘍、3年で急性リンパ性白血病と相次いでがんになりました。
骨髄移植を受け、退院するほど回復したこともあったそうですが、現在は余命宣告を受け、入院されています。

そして病床のまま、大学院へ進学したこの春、オンラインで講義を受け、課題をこなし、病と闘い続けています。
(書籍も出版されている有名な方なので、ご存じの方も多いと思います)




「がんになって良かった」と言いたい [ 山口雄也+木内岳志 ]



うちの子どもたちとそんなに変わらない年頃の学生さんが、必死で生きる姿に衝撃を受けました。
彼のtweetは壮絶で、今この瞬間も戦い続けています。
その彼がTwitterで訴えていること、それが、「献血」でした。

生きるために毎日輸血を受けないといけないこと
たくさんの方に支えられて、今、命を繋いでいること
そして、新型コロナのワクチンを受けると、しばらく献血をすることができなくなるから、できればその前に献血をして欲しいことなど・・・

そして私が思い出したもうひとつのこと。
それは、子育てが少し落ち着いたら、献血しようと決めていたことでした。

20数年前、私の母が動脈瘤の破裂で倒れた時、運ばれた救急病院で、大量の輸血を受けていたと、亡くなった後で知りました。
母は、どんなに輸血をしてももう出血が止められず、生きることはできませんでした。
それでも、たくさんの方の血液をいただいた。
なんてありがたいこと。

だから、その後一度、献血をしたのです。
当時のことはあんまり覚えていないけど、献血手帳をしばらく持っていたのは間違いない。

それから、結婚し、子どもを三人産み、日々余裕が無い生活を送る中で、献血のことは頭から離れてしまっていました。
そして、この春少し時間的な余裕ができたことと、彼のtweetに出会ったことが、見事に重なり、数日後には、私は20数年ぶりに、献血ルームに足を運んでいたのでした。

少し緊張しながら入った献血ルームは、まるで流行りのカフェのように開放的で明るい空間。
さすがに、「いらっしゃいませ」とは言われませんが、迎えてくれた方は丁寧に対応してくれて、簡単なアンケートを書き、名前などの登録をしました。

待合室は、たくさんのソファと、フリードリンクのコーナーがあり、お菓子も食べ放題です。
血液を採取するので、脱水状態にならないように、なるべく多めに水分を取っておく必要があるんだか。

最初に医師から、健康状態について詳しくヒアリングがあります。
そして、少し採血をして、献血することができる血液かどうかを検査します。
私の血液は無事クリア。


2498660_s



その後、待合室で少し待ちました。
広い待合室では、いろんな年代層の方が静かに過ごしていました。
若い男性が多かったと思います。

そして名前を呼ばれ、角度や高さが調整できる椅子に横になって、テレビを見ながら採血。
看護師さんが、とても丁寧に処置してくれました。

1072568




献血はいくつか種類があります。

血液をそのまま提供するのが全血献血。
血液の成分のみを提供するのが、成分献血。

成分献血は時間がかかるそうなので、私は全血献血にしました。

全血の場合は200mlか400mlか選べるんですが、輸血を受ける方の副作用の可能性をできるだけ減らすために、400mlが望ましいんだとか。

ただ女性の場合は、体重が少なすぎると400mlはできないんですね。
あっ、私は、余裕でクリアしました。
自分のデブさが初めて世の中の役に立ってガッツポーズです。






採血をしている間、注意事項を読んでいると、失神することがあるから、電車のホームや階段などで気を付けて・・・など書いてあって、ちょっと心配しましたが、私の場合は全然大丈夫でした。
気分が悪くなることも無く、(これで体重がその分減ったなと)むしろすがすがしいくらいで。

時間はトータル2時間くらいかかりましたが、思ったよりスムーズに終わりました。
こんなことなら、もっと早く来ればよかった。
って言っても、子どもに手がかかるピークの時は、その2時間の余裕も持てないんですよね。




2177398_s



そしていろんな事情で、献血ができない方も、献血のことを広めることで、献血に協力することができます。
SNSも正しく使えば、これほど有効なものは無いですよね。








2568550_s


そうそう、今は献血手帳は無くて献血カードになり、自分の血液の検査内容は、ウェブ上で確認することもできるようになっています。
私は両親がいろいろ病気持ちなので、遺伝的に心配なことが多く、自分の体調管理にも役立てることができるのはありがたい。
ハガキでも送ってくれるそうです。






3675111_s



次に献血できるのは、4カ月後。
必ずまた、しようと思います。





そうそう、実はもう一つ、やりたいことがあるのです。

それはまたの機会に・・・





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






夕方は今までより楽になりましたが、朝は相変わらずバタバタしています。
お弁当作りは、給食が無くなった三男の分が増えて、毎日3個。
最近買ったこの本が大活躍しています♪




“小分け冷凍おかず”を詰めるだけ!ゆーママの毎朝ラクする冷凍作りおきのお弁当 [ ゆーママ ]

とにかくレシピの数が豊富で、しかもどれも冷凍可能なので、朝は半解凍して詰めるだけ。
時間があるときに、ちょこちょこ作って冷凍しておけば、本当にラクです。




P1070241

市販でも人気の、牛カルビハンバーグも、オーブントースターで手軽に作れる^^







P1070243

豚しゃぶは味付けして冷凍、牛肉のしぐれ煮はキノコを加えてボリュームアップ。




P1070244

にんじんのたらこ和え、ちくわの磯部揚げも冷凍しておけば、彩りおかずに便利。




リッチェル Richell つくりおき わけわけフリージング パック 50 2セット入

こういう容器を活用しています。
とても便利なので、追加購入予定。



どれも簡単に作れて、冷凍しても味が落ちず、美味しく食べられます。
朝は、玉子焼きやウインナーをちょっと焼いてプラスするくらいかな。

しかしまだ、出来上がったお弁当の撮影をする余裕はありません・・・(^^;









楽天お買い物情報はコチラからどうぞ!
にほんブログ村テーマ
北欧好きのお買物マラソン


にほんブログ村テーマ
楽天買いまわりのオススメはコレ♪


にほんブログ村テーマ
楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪