長男の大学に入学して半月が過ぎ、ようやく、手続き関係のいろいろが落ち着いてきました。
寮での新生活も3週間、大学での授業も始まって、アルバイトも決まり、今のところはまあまあ順調のようです。

私もようやく落ち着いて、お金関係の見直しをしているところ。
長男は、小・中・高と公立で、1年浪人して国立大学に入学できました。
さて、ここまで一体、教育費にいくらかかったのか、計算してみました。

※ 学校で必要になる費用は除いています

s001

うちの子どもたち三人とも、幼児期からこどもチャレンジをしておりました。
その流れで、小学生の間は1年から6年まで進研ゼミをやりましたね。
長男は数学が得意なんですが、進研ゼミのおかげだと思うと本人言ってました。
途中でそろばんを少しだけやって、珠算と暗算を3級までとってから辞めたと記憶しています。
6年間でトータルいくらかかったのかな・・・そこは割愛で。

中学は家の近くの大手進学塾へ。
1年生のうちは安いんですが、2年になり科目が増え、3年になり合宿に行くようになり、どんどん高くなりました。
合宿や集中講義など、本人がやりたいと言うものは全部やらせたのでほんと高かったですが、なんとか第一希望の公立高校に合格したので、まあヨシとしました。

しかし、せっかく公立高校に入学したのに、本人の希望で、また塾に通うことになり、それがまあ結構高い。
合宿こそ行かなかったものの、夏期講座など取るコマ数によってかなり高くなるんですね・・・。
でも、そこで良い先生に出会えて、苦手だった英語に積極的に取り組めるようになり、まあ、良かったのかな。

残念ながら、本人の実力よりかなり偏差値の高い大学を狙ったため、浪人して予備校のお世話になりました。
全国区の大手予備校で、成績で少し割引してもらって、この金額。
センター試験の結果次第では無料になるケースも。

しかし、コロナ禍で4月5月はほぼ授業も無く、オンラインもイマイチで、結局、長男はほとんど通わなかった・・・進路指導などでは多少お世話になったけれど、それでも、この金額はもったいなかった。
夏期講習や直前の冬期講習などは、1科目2万円くらいだったかな・・・
長男はほとんど取らなかったけれど、4~5科目とるだけで10万プラスの世界です。

もちろん、中学受験や医学部志望になれば、塾代はこんなもんじゃ済まないでしょう。
地域によってもだいぶ差があると思いますので、地方都市ではこのくらい、という程度です。



ということで、長男の学校以外にかかった費用は、300万を軽く超えました。
これに小学校時代の習い事や、入学の時にかかる費用(制服など)を加えたら、400万くらいになるかも。
意外とかかってたんだな・・・と改めて思う。
(うちは、これが3人分ですから・・・どうりで全然貯金できなかったはずだ)





さてそれから、大学受験にかかった費用です。
長男は最初から、国立大学が本命でした。
というより、理系のため、私立という選択肢は持てなかった・・・。


s002

これはもう、人によって千差万別だと思いますが、我が家、決して高いほうじゃないと思います。

現役の時は、私立を全く受けなかったので、最低限で済んだと思いますが、やっぱり地方からだと旅費がかかるのが痛いです。

浪人して、さすがに滑り止めの私立を受けないと、ということになり、共通テスト利用で受けられる大学を含め、5校出願しましたが、少ないほうかも。
私立の受験料だけで20万、30万かかるケースもあるそうです。

それから、国公立の受験もそう。
前期の結果が出る前に、中期と後期も出願しないといけなかったため、1月に一気にお金がかかりました・・・( ;∀;)

そして、本命の国立の発表前に、滑り止めで合格した私立の入学金を払います。
当然、そこに進学しなくても戻ってきません・・・。
ありがたいことに本命に合格できましたが、その入学金も、合格してからすぐい払い込まないといけません。

こんな感じで、受験費用だけで100万円近く。
ちょっと学資保険に入った程度だと、大学入学前に全部無くなっちゃいますね(-_-;)



s003

そしてその他、大学入学時にかかった費用。

これも人それぞれだと思いますが、同窓会が意外に高くてビックリ・・・。
10年分を先払いするんだそうです。

あと、生協は出資金だけ払いました。
卒業時に戻ります。
生協の組合員になると、教科書が10%引きで買えたりするそうで。

それから、大学の指定する保険にも加入。
これは、実験などで何が起こるかわからないから、加入が必須でした。
+αというのは、オプション的な保障なのですが、これがすんごい良い内容でびっくり。
健康保険を使って治療した分、1日の通院から全額キャッシュバック。
ちょっと風邪ひいたとかでも、市販の薬を買うより病院に行ったらタダになるなんて。
しかも、入院などで家族が遠くから駆け付けると、その費用まで負担してくれるとのこと。
安心料と思って加入しました。

新生活にかかる費用は、寮なので家具などは不要で本当に助かりました。
でも、オンライン授業に対応するためのパソコンや、4年以上使ったスマホを買い替えたりが高かった・・・。
仕方ないけど。

さて、これから、長い長い仕送り生活が始まります。
授業料と、寮の費用は家計から出し、残りは奨学金とアルバイトで乗り切ってもらいます。
まだ下に2人いるからね・・・( ;∀;)

というわけで、これから子育て・受験を控えた方に、少しでも参考になれば良いなと思って記事にしてみました。
次男・三男はまた違うルート(私立高校、国立高専)なので、いつか記事にしてみたいと思います。

さーて、頑張って働こう!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村