受験が終わってから、スッキリした顔で遊びまくる長男。
手応えはあったし、もしダメでも準本命大学に合格しているので、もう思い残すことはないのでしょう。

久々に、友達の家に泊まりに行ったり、映画に行ったり、買い物に行ったり。
毎日楽しそうに過ごしています。


一方で私は、結果が気になって気になって仕方がない。


受験生が、試験の感想や合格最低点数の予想を書き込んでいるサイトを毎日のように見て、(自分が受けたわけじゃないから全然わからないんだけど・・・)なんかため息が出たり・・・

ダメで私立の高額な学費を払うことになった時に備えて、安い賃貸物件を探してため息が出たり・・・

申し込んでいる寮の繰り上げ内定連絡が来ないかどうか、何度もスマホを見てため息が出たり・・・

とにかくため息ばかり、大好きな韓ドラも観る気になれず。


ああ、3日後にはもう結果が出てるな…

ああ、2日後には…

ああ、明日の今頃は…



そんな日々を過ごして、いよいよ発表の朝を迎えました。

朝のニュースで、前日に合格発表があった九州大学の様子が報道されていました。
大学の構内に張り出された合格者番号を見て、涙を流し抱き合う親子。
良かったね!おめでとう!

そんな感動が我が家にも訪れるのか・・・



長男の受験した大学は、インターネット発表のみ。

13時に発表の予定。
12時から一緒にお昼ご飯を食べました。
その時、さすがに長男も緊張していたのか、なんかもう食べられない・・・と、珍しくパスタを少し残す。

12時半ごろから、私も緊張してきたので、もう、何かして時間をやり過ごすしかないと思って、合格したときのお祝いのため、ストロベリーパイを作り始めました。

朝から冷凍のパイ生地を型に敷いて焼いて、カスタードクリームはレンジでチンして冷やしておきました。

後は、カットしたフルーツを、クリームの上に並べて・・・

発表まであと20分か。

長男は気を紛らわせるために、ゲームでもしているのか、部屋から「よし!よし!」という声が聞こえてきました。

イチゴ、1パック買ってたけど、ちょっと足りないなあ。
キウィがあるから、キウイでごまかそうかな。




P1070201


うん、ごまかせたかな。

しかし相変わらず長男の部屋からは「よし!よし!」とデカい声が。



(・ω・)?


うん?

え・・・?

もしかして・・・?




もう発表されてるとか?!(;・∀・)


慌てて長男の部屋に突入!!






「何?どうしたの?!」


「ああ、あったあった、番号!!」


「えーーーーーー?!
 もう発表されてんの?Σ(・ω・ノ)ノ!
 良かった!!おめでとう!!」


しかし抱き合って泣くどころか、長男パソコンの前でスマホを握りしめたまま。

どうやら、発表の画面をスマホで友達に実況中。

4159002_s





私もですね、なんか、発表が思いのほかフライングだったのと、この瞬間が実況中継されていると気が付いたことで、ちょっと感情がついていかない。

感動というより、驚きと戸惑い(;'∀')

とりあえず長男の部屋を出て、パソコン立ち上げて、冷静に確認したら、確かに長男の受験番号がありました。
何度も何度も、画面を確認し、夫にも連絡。

こうして、待ち望んだその時を、無事に?終えたのでした。




9780d65152a70cb3c1c6ca11f754bdf5_s




発表当日は、まだ半分信じられないような気持でしたが、翌日、合格通知と、入学手続きの書類一式が届き、ようやく、ああ、本当に合格したんだ・・・とジンとしました。







大学受験なんて、なーんも考えていなかった、高2の冬。









得意教科・不得意教科がはっきりわかった高2の3学期。










そして、地元の国立大学から、東京の国立大学へ、目標を大きく変えた高3の春。
これが今から約2年前でした。











公立高校の授業では長男の求めるものは得られず、塾やスタサプで勉強する日々。










オープンキャンパスや受験時の宿の手配をした高3の夏。










不登校&ボイコットした、高校最後の運動会。









今はもう懐かしい、1年前に初めて受けた本命大学の前期試験。










そして、本人不在のまま合格発表・・・は残念ながら不合格。










オンラインで始まった予備校生活はなかなか難しく・・・結局ほとんど通わず( ;∀;)









いよいよ初めての共通テスト!









結果は残念なことに・・・急に焦りだす。









私立大学の一般入試を3校受験することに。









そして、本命大学の入試を無事に終えました。
進路をこの大学に決めてからの2年間、長かった・・・

現役時代は、D判定ばかり。
ちょっと目標高すぎるんじゃない?
無理しなくていいんじゃない?
そう言いたくなる気持ちを何度も押さえました。

学校にも予備校にも行かなくなって、カフェとスポーツジムにしか行ってなくて。
本当に不安で、A判定をもらえるようになってからも、半信半疑でした。

今となっては、彼のやり方を信じて見守ってきたこと、間違いじゃなかったんだなあとやっと思えます。
もう親の心配を超えたところで、彼は自分の道を切り開いていけるんだなあと。






1210224_s






4月から、無事に希望の寮に入れることも決まりほっとしました。
本当はアパート借りて一人暮らししたい、って言ってたけれど、そこは譲りませんでした。

多少不自由な思いをするかもしれないけれど、それを上回るメリットがたくさんある。
毎日暖かいご飯を食べさせてもらえるから、親としては本当にありがたい。
それに、またオンライン授業の日々になっても、孤独にならず、近くに話せる人がいる環境は安心。
地震のときも、一人よりずっと心強いし。





4507484_s






ようやく具体的に、彼の新生活が見えてきました。

彼が家を出ていく日を思うと、急に寂しくなって、泣けた日もあるけれど、今は、彼の未来を思うと喜びのほうが大きい。

これからも仕事で何度も東京に行くことがあるし、長いお休みには帰ってくるのだから、いつでも会える。

とにかく、体を大事に、ちゃんと食べて、勉強して、友達や恋人を作って、幸せに過ごしてくれたらそれでいい。

とにかくもう・・・彼の希望が叶って本当に良かったです。


長男の長い大学受験を見守っていただいた皆様、ありがとうございました。
Twitterでお祝いの言葉をかけてくださった方もたくさんいらして、ああこんなにたくさんの方に応援していただいてたんだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいですm(__)m

長男の成長記録として始めたこのブログは、もう19年くらいになるかな?
本人の出番は減るでしょうが、まだまだ、続けていきたいと思います♪
よろしくお願いいたします。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村