皆さんは何か願掛けのようなものをしたことはありますか。
私は、今回子どもの受験直前になり、初めて願掛けのようなものにチャレンジしました。

年末だったか、お正月だったか忘れましたが、たまたま見たテレビ番組で、「エレベーター・エスカレーターをやめて階段にするだけで、1週間で1キロ痩せる(だったような・・・)」内容が放送されていたのです。

ここ数年、体重の自己新記録を更新し続けていた私は、子どもの受験も心配だけど、実は卒業式や入学式で何着よう・・・今持っているジャケットやスカートは履けるのだろうか・・・という心配も抱えていたため、「階段を使うだけで1週間1キロ痩せる」という言葉が非常に魅力的に思えました。

3月の卒業式まで、あと2カ月弱ある!
え、待ってそれなら、8キロくらい痩せれるんじゃない?
これは・・・イケる!!

そんなうまい話があるわけがないのですが、とにかく、やってみることにしました。
最寄り駅の2階の改札まで、今までは何も考えずエスカレーターでしたが、階段を上ります。
それくらいならまだ余裕。
私の職場は、ビルの8階にあります。



8階。



これは・・・キツイかもしれない・・・
でも一度決めたことだから、とりあえず、やってみようじゃないか。

そして予想通り、キツかった。
4階を過ぎたあたりからもう息が上がり始め、6階ではもう一歩出すのも辛くなり、7階から8階まではもう、手すりを掴まないと上れません。
ようやくたどり着いた職場の自席に座ると、汗だらっだら(真冬)、口もきけないくらいの疲弊っぷり。

あまりにも辛いので考えたのですよ、どうしたらラクになるか。
階段を一歩一歩上りながら、「合格」と呟く。
あっもちろん心の中でつぶやいていますよ。

長男と次男が、頑張って勉強しているんだもの、私だってこれくらい。
不思議と、「合 格 合 格 合 格 合 格」と呟きながら上ると、辛さが薄らぐ気がしました。
それからずーーーーっと、願掛けのつもりで、毎日合格階段を上り続けました。

しばらくして、次男は無事に志望校に合格。
願掛けしたかいがあった!

でも次は長男よ。
朝の出勤時と、お昼ご飯から戻るときの1日2回、1フロア20段の階段を、8階まで。
こんなに真面目に一つのことを続けられたのって、初めてじゃなかろうか。

そうこうしているうちに長男の受験が終わり、合格発表の前日となりました。
Twitterでも呟いたけど、些細なことで、夫と長男がケンカになりました。
最悪のタイミングです。
その日、長男は外に出かけてなかなか帰宅せず、夕方になって、「今日は友達の家に泊まる」とLINEが。

そして合格発表の当日、私は仕事でした。
夫はテレワークで家にいたのです。
合格発表は新型コロナの影響で、インターネットのみとなったため、夫は家で長男と確認。

・・・するはずが、本人が帰ってきませんよ・・・。

彼は1年前、大きな野望を胸に、自分の得意教科で勝負できる難関校受験をを志しました。
いろいろ悩みながらも、毎日規則正しい生活で、しっかりと睡眠を取り、自分が一番いいと思える勉強スタイルを確立して、コツコツと彼なりに頑張りました。

模試の結果が悪くても全くめげず、滑り止め校の受験は全く考えなかった。
試験当日も落ち着いて、それなりに自分の力が出せたようです。


私は、どうか奇跡が起きますように・・・
と、同僚とランチを食べながら、スマホで確認しました。


50eef574f85678404f519bce62e955c3_s



あ・・・?

な・・・?

無い・・・?


受験番号を穴が開くほど見ましたが、奇跡は起きず。

やっぱり受験ってそんなに甘くない。



そして長男・・・発表当日なのに!
まだ夫とケンカしたことが引っかかっていて、帰ってこないんですけど!
結局今日も別の友達のところに泊まるそうです。


そして私の願掛け、合格階段は、あと1年続くことが決定しました。
え、痩せたかどうかですって。
1週間で1キロはさすがにありえないでしょう、あの番組言いすぎだよ。
でも、2カ月近くやって2キロ痩せましたの実は。
あと1年続くと、もうこれは独身時代の体重に戻ること確実。
最近は、手すりを掴まなくても8階まで一気に上れるようになりました。
これは続けよう、うん。



そしてもう一つ決まったこと。

やっと長男と次男のダブル受験から解放された私。
しかし間髪入れず、長男と三男のダブル受験に突入することになりました。

そう、次男と三男は年子・・・

長男予備校代+次男の私立高校学費+三男の塾代

考えるともう倒れそうです。
しかしあと1年。頑張らねば・・・


ということで、我が家の受験シリーズはまだまだ続きそうです(^^;

↓応援よろしくお願いします♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村