前回記事にした、就学支援金の改定のお話。

所得制限はあるものの、実質的には私立高校の学費が無償化されるもので、すでに実施されていた公立高校の無償化に加えて、日本の高校は無償化が実現するということになります。




syugakusienkin


つまり、幼稚園・保育園~高校までが無償化。
(大学も一部は実質無償化となります)

この10年ほどで、日本の教育費事情は大きく改善していると思います。
まだまだ解決できていない問題もあるでしょうが、子どもを育てる家庭にとってはとてもありがたい。

しかしながら、この高校無償化のお話、すでに10月から実施されている幼稚園・保育園の無償化に比べると、あまり話題になってない・・・


というのも、首都圏やその他複数の自治体では、すでに無償化が実現していたからなのですね。




例えば、東京都の授業料負担軽減制度。






q2_01


所得制限はありますが、年収が760万円までなら、年間456,000円まで都が補助してくれます。





他にも・・・








大阪府は、子どもの人数によって無償化が実現。

syugakusienkinoosaka









京都は、年収500万円以下なら65万円まで補助。


syugakusienkinkyoto




などなど・・・





いろいろ見てて思ったのですが、この制度、


自治体間の差が激しい






福岡はこんな感じです。


syugakusienkinhukuoka


私の住む福岡県では、制度そのものはあるのですが、所得制限が厳しすぎ。
世帯年収が350万円を超えたら、県からの補助はほぼありません。
福岡県私学協会から、毎月、500円て。

子どもが複数いると、公立に行くか私立に行くかで、全然毎月の負担が違う。
もちろん、私立でも、勉強やスポーツなどで特待生になれば、優遇されたりすることもあります。
そうでなければかなり厳しい!

福岡では昔から、公立が第一希望、私立は滑り止め、という公立神話があります。
最近こそ私立に専願で進学するケースも増えましたが、やっぱり公立高校が人気。
公立神話がずっと崩れないのも、こういうことが原因の一つだったように思います。


それが、国の就学支援金が改定されることで、私立に行っても学費の心配が無くなる!!
これで、うちの次男が第一希望の私立に行ってもなんとかなる!!
やった!!!!



と思ったのですが、これが甘かった・・・!!
所得制限の判定方法が、来年度から変わることになったのです。

今までは住民税の金額で判定だったのが、課税所得での変更になるということ。







ざっくり説明すると、今まではこうでした。

まず収入から基礎控除など所得控除して、課税所得を算出します。

A 収入 - 所得控除 = 課税所得


この所得控除には、配偶者控除、扶養控除、生命保険料控除、医療費控除などが該当します。




そしてここで算出されたAの課税所得について、金額に応じた税率を掛け合わせ、税額控除を差し引きます。

B 課税所得 × 税率 - 税額控除 = 税額


この税額控除には、いろいろあるのですが、代表的なところだと、住宅ローンを組んだ時の住宅借入金等特別控除や寄付金控除などがあります。

なので、ふるさと納税などで、Bの住民税の額を減らすことが可能だったのです。



ところが。




これがAの課税所得での判定となると、簡単にはいかない。
扶養人数なんて家族の年齢やらで決まるから、変えられない。
生命保険だって、必要以上に入るのは無駄だしそもそも控除額も小さい。
医療費控除も、大きなけがや病気も無いし、あったとしても医療保険から給付金が出たらチャラ。



このままだと毎年ボーダーラインの我が家

もらえないのではないですかーーーーーーーーーーーーーー?!



なんとかして、もらえるほうほうはないか探してみました。



ありました!!



それは iDeCo!!


なんとこのiDeCo、支払った掛金全額を所得から控除できる!!

メリットが大きすぎるこのiDeCo、開始されてい一時期は話題になっていましたね。
しかし我が家は老後に回すお金は無いと、スルーしていました。

もう、これ、これに入るしかないぜ!
と、入る気満々で、先日銀行に出向いて話を聞いてきたところ・・・


Σ( ̄ロ ̄lll)


まず手続きが面倒くさすぎる&時間がかかる。
確定拠出型の年金に、すでに入っている人はもう入れない。
会社員は、自分の会社に、確定拠出型の年金をやっていない証明を出してもらわないといけない。
さらに諸々の書類を関連機関に送って審査、審査が通ってから翌月に銀行引き落とし開始。

もう

今更初めても、今年の所得控除には全く間に合わず。

残る手段は、今月一切残業をせず、収入をこれ以上一円も増やさないこと。
何なら、今年1月からの残業代を全部返納したいくらい。
あとは、まだ入っていない個人年金に年払いで入って、年内に保険料を支払い確定申告をすること。

ちなみに夫は残業代がつかない役職なのと、個人年金の控除はすでに満額使っているのでどうしようもない。


ここまでしてもボーダー切れるかどうか微妙・・・

もともとその分もらってんだろ、と言われたらどうしようもありませんが。
それでも子どもが三人いてその分お金がかかる。
なのに、一般の扶養控除は16歳以上の長男一人分(38万円)しか該当しなくて、不公平感否めません・・・

来年度は、長男が19歳になるので、特定扶養親族として控除額が一気に63万円になります。
そして次男も16歳になるので、一般の扶養控除で38万円控除できます。

なので、再来年はきっともらえるだろう・・・もらえるはず・・・もらいたい・・・
来年はもうあきらめの心境です。



家庭の事情をツラツラ書いてしまいましたが、かなりわかりにくくて、ボーダーにいる家庭は来年度該当しなくてショック!ってことにもなりかねないので、記事にさせていただきました。


なお、国の就学支援金の判定基準はこのように変わってしまいますが、先に書いた自治体の補助の基準に変更があるかどうかは、自治体によって変わってくると思いますので、お住まいの自治体のHPなどで最新の情報を確認してみてくださいね。

あーーーー恵まれた教育支援がある自治体にお住いの皆様が羨ましすぎます。
福岡県もっと!!頑張って!!





節約・マネー情報はコチラからどうぞ!

にほんブログ村テーマ
初心者のための、マネー入門!

にほんブログ村テーマ
スマホ料金節約







先日、長男がスタンディングデスクを欲しがっているとちらりと書きましたが、いろいろ探して、どうも長男が欲しい高さのデスクが見つからない。
市販のものは、高さが100~110センチくらいのものばかり。
長男はそれだと低すぎると言う。

そこでピーンとひらめいた。
オーダーという手があるのでは?




楽天で見つけたこちらのお店に問い合わせしてみたところ・・・








すぐに対応してくださって、細かい提案もしていただき、なんと送料込み2万円以下でオーダーできました!

届くのが楽しみです♪






あと、最近買って感動したもの。





花王オーブのアイシャドウ。
これね、何がすごいかってね、ブラシでパッととってパッと塗るだけで、見事にグラデーションになるんですよ!!








このチークもすごいの。
ひと塗りでパッと決まるんです。

朝の忙しいときにね、2色も3色もブラシ使い分けるのって地味に面倒じゃないですか。
これならほんと、考えなくていい!

自分で色を組み合わせるのが好きな方には不要だと思うけれど、私みたいにメイクのセンスも無い、こだわりも無い性格だと、もう、これ以上ありがたいメイクアイテムはございません。
ほんとおススメ。






せっかくまたポイント企画中なので、物色中。







これなんだと思います?
なんと加湿器!!
オシャレすぎでしょう。
子どもの机に置きたいなあと思って。











そして加湿器を衛生的に保つための除菌液。
加湿器がキレイじゃないと逆効果ですからね。
1,100円で送料無料なので買い回りの店舗数稼ぎにも。












それから勉強中の足元の冷え対策に。
人感センサー付きだから、雑な男子でもスイッチ切り忘れなし!









楽天お買い物情報はコチラからどうぞ!
にほんブログ村テーマ
北欧好きのお買物マラソン


にほんブログ村テーマ
楽天買いまわりのオススメはコレ♪


にほんブログ村テーマ
楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪








明日は月曜日。
また一週間がんばりましょう!!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村