子どもたち三人の春休みが始まって10日ほど経過しました。
小学生の頃は、長期休みのたびに、お昼ご飯のことが悩みの種でした。

学童保育に預けていた小3くらいまでは、お弁当持参。
学童をやめてからは、職場が自宅から自転車で5分と近かったので、お昼だけ戻って、様子を見つつ麺類などを簡単に作って一緒に食べたり。

それが中学生、高校生になると、だいぶ楽になったなーと感じます。

高校生の長男は、コンビニで買ってきて食べたり、お友達と食べに行くことが多いかな。
お金はかかるけどラク。

中学生の次男は、冷蔵庫の中のものを、チンして食べるのがいいみたい。
冷凍のパスタやうどんなど、簡単なものだけど喜んで食べてくれます。

しかし問題は三男・・・!
以前から小食なので、自発的に何かを食べるという意識が乏しい。
置いてあるお菓子などは食べたりするけれど、電子レンジを使う、というのが一つのハードルらしい。
放っておくと、朝も食べないし昼は納豆1パック(ご飯なし)だったりという恐ろしいことに。

背は私より高く、160弱くらいなのに、体重35キロ。
ただでさえ痩せているのに、これ以上痩せたら大変・・・!

なので、三男の分だけは、簡単に用意してすぐに食べられるようにしています。
以前買ったこちらの容器が大活躍♪



お弁当箱”家弁(うちべん) 700ml”木目1段 フタ付ランチプレート

電子レンジにもフタのままかけられるからラップ要らず。
樹脂製なので容器が熱くなりにいのも安心。
まあ三男はチンせずそのまま食べているようですが。






amabro アマブロ ランチプレート DAYS OF KURAWANKA 4カラー 波佐見焼

可愛い~!
波佐見焼のランチプレートがあるなんて♪
朝食やダイエットにも良さそう。




こんな感じで、長期休みもあまり気負わず、ラクに過ごせています。
ほんと、小学生時代は頭が痛かったから・・・






さて来週から新年度。

実は今、悩んでいるのが夕飯。

帰宅してから、塾の時間に間に合わせるために、いつもバタバタと作っていましたが、もうね、作る以前の問題が発生。

長男と次男から、「夕飯は要らない」宣言。

え、えーーーーー・・・

長男は、新年度から塾が週六日。
学校がある日は、家に戻らず、直接塾に向かいます。
帰宅するのは早くて22時半過ぎ。

次男も、新年度から塾が週四日、しかも今までより塾が遠くなり、家を17時半に出ないと間に合わない。
私が定時でどんなに急いで帰ってきても、夕飯を作って食べさせるのは不可能。
しかも次男も帰宅が22時過ぎになるのが確実。

二人とも、そんな遅い時間に食べたら体に良くない、だからもう塾の日は夕飯は要らないと。
わかる、わかるのよ、確かにそれは間違っていないのよ。
二人とも、塾に行く前に、コンビニやどこかのお店で何か食べるので、栄養不足の心配は要らない。

そうなんだけど・・・

母親にとって、子どもを産んだその日から、母乳を与え、ミルクを飲ませ、とにかく子どもにご飯を食べさせるのが一番大事な仕事と思っていたから、もう、この二人の言葉になんだかせつなくなってしまった。

ああこうやって、母親の助けは少しずつ要らなくなっていくんだな。
寂しいなぁ・・・



長男のお弁当は今までよりちゃんと作ってあげようかな。
次男は朝からモリモリ食べるから、夜の分も朝豪華にしてあげようかな。
そして家でみんな食べる日くらいは、頑張って美味しいご飯を作ってあげよう。




6b5d8a8792f8bfadff7f68b7ad4623e0_s




・・・って思ったけど、来年長男が大学生になり、次男が第一希望の高校に合格したら、塾には行かな
くなるかあ・・・塾に行くのは三男だけだなあ。
そしたら家で夕飯食べるようになるだろうし。

けど長男が浪人して、次男が滑り止めなんかに行っちゃったら、また塾通いの日々か・・・

夜はアルバイトとか始めちゃったらまた変わってくるだろうし・・・

どうなることやら・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村