もしかしたら・・・

20代30代の方は使った経験どころか聞いたことも無い名前なのかもしれませんが・・・

テレホンカード、私と同世代の方ならご存知だと思います。
まだ携帯電話が普及する前、今から20年以上前でしょうか。
公衆電話を利用する際の必須アイテムでしたよね。
それまで10円玉と100円玉でしかかけられなかった公衆電話が、カードでかけられるようになり、その便利さに感動しましたよね ← 昭和

なので財布の中にはいつもテレホンカードが入っていたのですが、いつの間にか、携帯電話が当たり前の時代になり、今では公衆電話がどこにあるかも思い出せないくらい。
最後に使ったのはいつだろう・・・

先日、片づけをしていた際に、テレホンカードがたくさん出てきました。


P1060305



未使用の50度数が7枚、105度数が3枚。



P1060306


使用途中のものが6枚。



調べてみたところ、プレミアもののカードなどは無く、どうしようかと迷いました。
使わないけれど捨てるのももったいない。
子ども用に持たせる人もいるそうで、アマゾンやヤフオクでも売り買いされているけれど、高値で売れなければ手間や送料がもったいないし、転売するほど枚数も無い。

ただ、NTTで換金してくれる・・・とのことだったので、早速、NTT西日本に電話をかけてみたところ、電話料金に充当してくれるとのことで、封筒を送ってくれました。



P1060326



充当できるのは、NTTの通話料金のみで、基本料金などには充当できないそうです。
また、送付できるのは未使用のもののみ。
1枚につき50円の手数料が必要。
105度数のものは100度数として計算。
専用の封筒に入れ、ポスト投函ではなく郵便局に持ち込むこと。

などなど、いくつかの決まり事がありましたが、合計6,500円分のテレホンカードを、無駄にすることなく有効活用できるので、ほっとしました。
家族全員携帯を持っているから、固定電話で通話することもあまりなく、通話料は毎月微々たるもの。
数年分くらいになるんじゃないかしら。

対象外の契約もあるそうなので、ご興味のある方は契約しているNTTまで問い合わせしてみてくださいね。





使用途中のものは、災害時などに備えて、とっておこうかな。
携帯電話を持っていても、常に一枚、財布に入れておきたいアラフォー心理(^^;






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村