DSC02778.JPG

・チキンカツ

・にんじんのたらこ炒め

・ブロッコリー

・サツマイモの味噌汁

・ごはん&納豆ふりかけ



久しぶりに子供ご飯をアップ。

長男はきれいに食べてくれました♪



先日放送の「たけしの本当は怖い家庭の医学」の子供の病気スペシャル、

見た方も多いと思います。

とある小学生が、母親の仕事の都合で、夜一人でご飯を食べることが多く、

しかも好きなものを好きなだけ食べられるようにとお金を持たされていて、

一人で食べる寂しさからついつい食べ過ぎてしまい、

結局一生完治が難しい糖尿病にかかってしまった、という内容だったかな。

子供の糖尿病って、ここ何年もの間にものすごく増えているそうです。

若くしてかかると、20代~30代で失明したりすることもある怖い病気。

一生病院に通院し、家庭でも厳しいカロリー制限が必要になります。



そういえば、ズボラ料理で有名な料理研究科の奥園さんも、

母子家庭で仕事が忙しかったから、子供に寂しい思いをさせないように、

母親がいないときの食生活は子供の好きなようにさせていた、と本で読んだ。



母親として子供を思う気持ちもよーくわかるけれど、

やっぱり食生活って体を作る基礎となるものだから、

大人ができる限り管理してあげたほうがいいのかな、と思った。

うーん、管理というより、今流行の食育?って言ったほうがいいのかな。

体にいいもの、悪いもの、どういう食べ方をすればよいのか、

そういうことを、毎日の食事の中で、少しずつ子供に伝えていきたいな。

一人で食事をすることになっても大丈夫なように。



私も、ジュースや牛乳は一日一杯まで、とか、野菜の食べ方を工夫したりとか、

いろいろ考えているつもりでも、ついついお菓子をだらだらあげちゃったり。

もっと気をつけなくちゃ。



私自身も、両親ともに糖尿病持ち(そんなにひどくはないけれど)。

体質が遺伝する確率が高いので、ほんと気をつけなくちゃいけない。

子供のためにも、健康でいなくてはね。