仕事を辞めて6年半、三度の引越しと三人の出産、育児、それに家事。

専業主婦ながら、それなりに忙しい日々を過ごしてきた私。



でも、子どもとじっくり向き合うことができたのは、

一人目だけだったと思います。



毎日公園に連れて行き、何時間も遊ばせ、

育児サークルに入ったり、あちこちおでかけしたり、

一緒にお料理やお菓子を作ったりして、

子どもと一緒に何かを楽しむことができた。



子どもがお昼寝の間は、自分の時間にできたから、

本を読んだり、資格取得の勉強をしたり、

ネットでお友達を作ったり・・・



寝る前のひとときには、絵本をたくさん読んであげて、

ああ今日も一日、楽しかったな、って、

本当に子どもと一緒の生活を楽しむことができていたと思います。



でも、子どもが二人、三人と増えると、

それぞれの子どもの生活リズムが違うし、

幼稚園の支度や行事、怪我や病気で病院、

そんな手間も増えて自分の時間は減り、

そして引越しで生活基盤そのものが変わり、

やっと慣れた生活から一遍し・・・



育児を楽しむどころでは無くなってしまいました。



そして仕事を始めることになり。



子どもとの時間は激減してしまうけれど、

私はそれでよかったと思うことにしています。

ろくに相手もできないまま、家の中に閉じ込めていた子ども達が、

安全な環境の中、プロの先生や、同世代のお友達と、

いっぱい遊び、いろんなことを学ぶことができるのだから。



私がしてあげられない、外遊びも、絵本の読み聞かせも、

一緒に何かを作ったり、歌を歌ったり、

そういうことも全部、保育園で体験できるのだから。



そう考えると、というより、そう考えないと、

働くことに対する不安がどうしても頭をよぎります。



子どもたちの居場所はちゃんと確保できたから、

あとは、私がいかに家事をこなしていくか。



これからは確実に家事をする時間が減るのだから、

いかに時間を有効に使うか、それが大事。

・・・要するに、いかに上手に手を抜くか、ってことなんだけど。

(今も十分手抜き家事ですが何か?)



というわけで、本屋さんに行って、何か役立ちそうな本は~

と探してみたところ、こんな本が!





以前、炊飯ジャーで大学芋とかチーズケーキとか作ったことはあったけど、

こんなにいろんな料理が作れるんだあ・・・と、ちょっと感動。

いろいろ応用もできそうだし、一冊あっていいかな、と買ってみました。



早速、焼いてみたのはホットケーキ。

ec_hotcake.jpg

いい感じに焼き色がついています!

ケーキのように切り分けて、翌日までしっとりして、おいしかった。

一枚ずつ焼くより、時間はかかるけど、手間はかからないからいいかも。



それから、次に試したのがミートローフ。

ec_meetroaf.jpg

目玉焼き乗せちゃったら、ミートローフというより、

でっかいハンバーグという感じになっちゃいましたが。

これもベーコンにいい具合に焼き色がついて、おいしそう。

丸めてオーブン温めて焼いて天板の後片付け・・・

っていうのが一気に省略できて、これはかなりラクかも。

今日の夕飯にしてみます。



あとはせっかく持っているホームベーカリーを、

何かうまく活用できないかな・・・と思案中。



掃除も洗濯も、できるだけ効率的に片付けられるよう、

夫とも相談して、いろいろ試行錯誤しています。



前向きに前向きに・・・



私にとっても家族にとっても、

これが最適な選択だったのだと、

すぐにではなくてもいつかきっと思えるように。



明日が初出勤。

まずは、遅刻しないように気をつけなきゃっ