そろそろ設計変更の悩みも片付くな~・・・と、

思い始めた矢先。新たな問題に直面してしまいました。



それは、IHコンロによる電磁波問題。

・・・今さらかよっ!!って感じですが(笑)



もともと、マンションを決める前に、電磁波はちょっと気になっていたのです。

実験がどうのとか数値がどうのとか基準がどうのとか、

詳しいことは全然わかりません。IHの仕組みもわかりません。

何もわからないけれど、

「IHは絶対に安全である」という保障がどこにもない、

というのだけは、わかります。



例えば、BSEとか血液製剤とかアスベストとか、

「よくわからないけど、確率低いし、多分大丈夫?」程度の問題だったことが、

後になって、人命に直結する大問題だということが発覚しました。

IHはそうじゃない、大丈夫、っていうのは、誰にも言えないわけで・・・



でも、結局、間取りと立地で運命を感じ、

契約したマンションは、オール電化でした。

IHコンロも当たり前のようについてきます。



その途端、私自身、にわかIH賛成派になってしまいました。

「ガスは子供が使うには危ない、共働きになるんだからガスのほうがいい。

それに、IHはお手入れもラクだし専用鍋を使えば何も問題無い。

電磁波は確かに気になるけど、そんなこと言ってたら、

携帯も電子レンジもパソコンも使えないよ?」



と、自分自身を納得させる理由をいくつも見つけ、

いつの間にか、この問題は私の頭の中から消えうせてしまっていました。

一応、IHコンロについての危険性を訴える本などを、

読んでみたりしたんだけど、その本には、



「マンションに住んでいる人は、

下の部屋についている蛍光灯から出る電磁波が、

上の階の床にまで届いて危険なので、床に直接寝るな」



的なことが書いてあって、はぁ?と、逆にその本自体に疑いを持ってしまい、

もー、わからんし、いいやって。



だけど、昨日たまたまネットの掲示板で見かけた書き込みで、

オール電化でも、IHを使わなくて済む方法があると知り、

そうなの!?と目からうろこ。

電磁波に目をつぶって、IHで・・・とあきらめていたのに!



で、その、オール電化でもIHを使わなくて済む方法、

というのが、調べたらいくつか見つかったのですが、

まあ要するに、ラジエントヒーターを使う、ってことなのです。



ラジエントヒーターって、IHコンロを買うと、一個は付いてるんですよね。

最近出たやつは、三つともIHっていうのもありますが。

でも、そのIH付属のラジエントヒーターって、おまけみたいなもんで、

火力が弱いとか、時間がかかるとかで、結局滅多に使わない、

っていう話を良く聞くので、使えないもんだとばっかり思ってました。



ところが、ラジエントヒーターのみのコンロってあるんですよ。

昔良くあった、卓上式の電気調理器のイメージじゃないんです。

もう、ほんとに、フツーのコンロ。

グリルだってついてるの。

鍋も、今までのものが使える。

で、遠赤外線とやらが出るので、すごくおいしくできるし、

火力も強く、立ち上がりも早いし、同時に、IHのメリットである、

掃除のしやすさとかも兼ね備えてるんですよ。



それが、エフエムジーというメーカーが出している、

スーパーラジエントヒーター



なんか、読めば読むほどすごい・・・

しかも電磁波はかなり少ない。



でも、聞いたことが無いメーカーで、周りに使っている人もいないし、

保障とか大丈夫なのかも気になる。

それに結構いいお値段・・・多分、標準のIHと変更しても、

手出し20万以上かかると思う。



※現在は楽天でも取り扱っているショップがあるようです。

 → MFG スーパーラジエントヒーターを楽天で探す



うーーーん。



それで、ラジエントヒーターについていろいろ調べてみたら、

他にもあるっていうことがわかったのです。



例えば、東芝の、BHP-R46B・BHP-R36B



あとは、電磁波の基準が厳しいと言われるヨーロッパで有名なメーカー。

ミーレのKM540とか、AEGの6310K-mとか、ガゲナウのCK 260-404とか。

ひゃー、ヨーロッパのものは、デザインが全然違う!

グリルはさすがについてないけど・・・



値段は、どれも国産オールメタルのIHくらい?

思ったより高くない。安いのだと10万切る。



うわ~・・・どうしよ・・・

と、ここに来てまた、迷いだしてしまった・・・

これが、100万とかめちゃくちゃ高かったら、

すっぱりあきらめきれるけど、出せない値段ではないし、

鍋を買い換える費用も要らなくなるし、

お金で安心が買えるのなら・・・と。



電磁波のことを言い出すときりがない。

ガス会社は危険性ばかり訴えるし、電気会社は安心ですと言い張る。

(でも、安心と安全って、またちょっと意味が違うよね)



考えすぎてもしょうがないというのはわかってる。

今IHつけといたところで、ここ数年でガンになるかと言われたら、

多分ならないと思うし、将来的にガンになったとしても、

もともと日本人の三人に二人はガンで死ぬのだから、

それがIHのせいとも言い切れないだろう。



安全性がどうだと言われたら、なんだってそうだ。

合成洗剤でも農薬でも食品添加物でも、

全てを家庭から排除するのはすごく難しい。

IHに限ってのことではないと、わかってはいるのだ。



私は、普通よりも、安全に対する基準は厳しいほうだと思う。

食材とか石けんとか、目覚めた頃はそりゃー徹底していた。

しかしコストなど現実的な問題もあり、自分なりに考え、

妥協ポイントを見つけ、今は、基準も落ち着いた。



今回の、電磁波問題も、そうなのです、わかっているのです。

どっかで妥協しなくてはいけないと。

だからこそ、その妥協ポイントを自分でどこに置くのがベストなのか、迷う。



すぐに答えは出ないかもしれないけれど、

設計変更の締め切りももう間近。

もうちょっとだけ、迷ってみたいと思います。



なんか、今まで散々迷っていた、トイレだの冷蔵庫だのオーブンレンジだの、

どうでも良くなってきてしまった・・・(笑)



→ スーパーラジエントヒーターについての記事一覧