格安スマホに変える、と決めたら、次は携帯番号を移行する準備が必要になります。

私の場合、元々、いくつかのメールアドレスを使い分けていました。

 

PCのメインアドレス ・・・ 10年以上使っている、大手プロバイダーの有料プラン

ブログ用アドレス ・・・ レンタルサーバーの専用アドレス

ネットショッピング用アドレス ・・・ Gmail

金融機関用アドレス ・・・ キャリアメール(iPhone専用)

友人用アドレス ・・・ キャリアメール

その他 ・・・ iCloudメール

 

SoftBankをやめるとなると、キャリアメールが使えなくなります。

特に、ネットバンキングやカード決済を多用しているため、

金融機関からのメールは必須。

クレジットカードを利用したときや、

銀行に入金があったときなどに通知してくれて便利なので、

これをiCloudのメールアドレスに変更しました。

 

これがまあ、面倒です。

金融機関なのでセキュリティが厳しくって。

銀行によっては、現在のアドレスと新しいアドレス、

両方にワンタイムパスワードを送信して、

それらを両方入力しないと変えられないとか。

それだけメールアドレスが大事ってことなのね。

 

それから、メールでのみやりとりしている友人たちには、LineIDを伝えました。

Lineでやりとりできれば、それに越したことはない。

何せ、Lineモバイルに変えたらカウントフリーだもの。

 

ただ、年代的に、まだガラケーの友人もいるし、スマホでもLineは使っていない、

という友人も結構いるので、iCloudのメールアドレスも一緒にお知らせ。

あとは年賀状で知らせれば十分すぎるくらいでしょう。

 

取り急ぎ、メールアドレスの変更があらかた終わってから、

LINEモバイルのマニュアルに従って、SoftBankのMNP受付専用番号に電話を掛けました。

それがなんか一人でドキドキしてしまって。

だいたいこの、MNPって、なんて読むのが正解?

正式名称はモバイルナンバーポータビリティなんだろうけど、長いよね、

電話かけて、「モバイルナンバーポータビリティお願いします」っていうのスラスラ出てくる自信が無い。

かと言って、「エムエヌピーお願いします」っていうのも、なんか、え、軽。

どうしよう~と思ったら、電話すぐつながって、もう、向こうのほうから、

「エムエヌピーの受付でよろしいですか?」って言ってくれたのでホッとしました。

 

解約すると、更新月ではないから解除手数料がかかります、

エムエヌピー手数料がかかります、など一通り説明を受けました。

来月、合計で13,500円払わないといけないそうです。

ちょっと痛手だけれど、更新月の来年5月まで続けたら、

毎月5000円で9か月だから45,000円。

それに比べたら、ねぇ・・・

解約理由を聞かれたので、ネットで下調べした通り、

「ドコモに変えます」とささやかな嘘。

ここで、ライバル心を煽ることで、特典を引き出すことができることもあるらしい。

私の場合は、こんな特典を次々に出されました。

 

SoftBankで機種変更していただけたら、2万ポイント分贈呈します → No

グループ会社のYモバイルに転出なら、手数料無料です → No

Lineモバイルに転出なら、手数料無料プラス1000ポイントプレゼントです → No

 

では、ショートメールでMNPの予約番号を送信します。

ありがとうございました。

 

みたいな感じで話が進み、すぐにショートメールが届きました。

なんとなく、長年親しんだキャリアとお別れする寂しさが。

 

そしてその後、あれ?最後に提示された特典、受ければよかった?

断ってアホだった?

と思ってたら、その後さらにショートメールが届いて、

LINEモバイルに転出なら、特典が・・・

 



 

SoftBank、最後まで親切すぎるね・・・

ありがたく、ここから申込させていただくことにしました。

 

↓ 続きはこちら