マンション - 写真素材
(c) barman画像素材 PIXTA


住宅ローン借り換え、あれからしばらく記事にしてませんでした。というのが、書類の取り寄せに時間がかかってしまって。結構いろんなものが必要になります。



1 住民票

2 印鑑証明

3 所得証明

4 登記簿謄本

5 運転免許書

6 健康保険証

7 現在借りている銀行の通帳

8 マンションの間取り図



5~7は家にあるものだからいいとして、問題は役所が発行するもの。1の住民票は、近所の郵便局でOKでした。2と3は、区役所や区役所のサービスセンターに、本人が行かなきゃダメ。委任状があれば代理人でもOKだそうですが、何せ私は平日は仕事。ちょっと役所に行くにも、仕事を早く切り上げなきゃいけない・・・んだけど、今月は学校行事が多くて、半休を何度ももらっているから、ちょっと言い出しづらい。



夫の職場のほうが区役所に近いから、ちょっと行ってもらおう、と思ってたら、出張で東北に1週間行くことになってしまって。ようやく出張から戻ってきて、落ち着いた頃に区役所に走ってもらいました。



4の登記簿謄本は、誰が行ってもいいので、お世話になる司法書士さんにお願いすることにしました。あとはマンションの間取り図。え~、これどうすんの?建設会社に頼むの?と思ったら、マンションのパンフレットとかでOKなんだそうです。



ようやく書類がそろい、銀行に連絡して、いよいよ本申し込み。それと同時に、今借りている金融機関に、残りのローンを一括して繰上げ返済するということを伝えねばいけません。



ここで今度借りる銀行さんから注意事項が。



「借り換えだとばれてしまうと、違約金を請求される場合もあります。ばれないように、まとまったお金が入ったから、と、やんわり説明したほうが良いと思います」



そうなのね?そうなのね?!素直に借り換えって言っちゃダメなのね!なるほど~。どきどきしながら、今借りている金融機関に電話してみました。そしてやんわ~りと説明し、必要書類を自宅まで送ってもらうことにしました。本当は借りた支店まで来て欲しいようだったけど、私も旦那もそんなに仕事抜けられないもん。



しかし「ええ~!そうなんですか・・・それは・・・仕方が無いですね・・・もしかして借り換えですか・・・?」と、今借りている金融機関の方、すっごく残念そうでした。毎月何万円も金利を払っている我が家、さぞかしいい顧客だったんだろうなあ。



そうそう、繰上げ返済のときにも、印鑑証明がいるよ!と聞いてたけれど、その支店では要らないそうです。取扱がいろいろ違うのね。あ、あと、うちは1月にボーナス払いの分が引かれる予定だったので、それまでに間に合うように手続きをしたいです、と念を押しておきました。



あとは来週の本申し込み、そしてそれから数日後の融資実行。はぁ~。早く終わらせてすっきりさせたいなあ。



そういう話を、夫の義妹にしていたんですが、なんと彼女は・・・デザイナーズの注文住宅を建ててまだ4年目、もう、住宅ローン完済したそうです。確かに、バリバリの共働きの義妹夫婦、世帯年収はうちの倍。子供も一人だし、余裕はあるだろうけれど・・・4年で完済ってすごすぎるよなあ。



うちはあと30年か・・・そりゃ、私がバリバリ働けばもっともっと早く返せるだろうけれど、3人の子供の教育費考えたら、当分は繰り上げ返済も無理っぽい。家賃払ってるつもりで、ボチボチ返していくしかないな。先は長い。がんばろう~っと。