前回の、「マンション購入5年目・住宅ローンの借り換えを考える」の続きです。



メインバンクの営業マンが我が家にやってきました。そこで、現在の住宅ローンの返済計画表を渡して、残高などをしっかり確認した上で、見せてもらったのが、変動金利のプランでした。それを見てびっくり!



なんと、金利が0.975% Σ(゚Д゚;エーッ!



今が3.2%だから、なんと2.255%もの差・・・!初めて住宅ローンを借りたときは、「全期間固定で行く!」というのしか頭になかったので、変動金利の金利なんて、まったく意識したことがありませんでした。5年前とはまた違うだろうけど、そんなに差があったとは・・・



けれど、金利差に驚いてはみたものの、「手続きが大変そう」「諸費用がいろいろかかるんでしょ」と、私は全然乗り気じゃなかった。夫にも、まったく話を持ちかけたりしませんでした。



それにやっぱり、どうしても、変動金利の不安定なところが心配・・・。最初は安く済んでも、金利が上がったらどうするの?やっぱり固定が一番安心だよ・・・



一応、私はファイナンシャルプランナーの資格を持ってるので、住宅ローンについても多少は勉強したことがあります。いろんな金利パターンのメリット・デメリットについても、わかっているつもり。こんな低金利の時代は、やっぱり全期間固定で、長期間の低金利を押えておくのがセオリー。



↓私のオフィスサイトです♪

FC6title.gif



そんなわけで、営業マンが作ってきてくれた、変動金利のプラン表は、2ヶ月ほどそのまま放置されていたのでした。



まだまだ続きます^m^