もうすぐ2月も終わり。
1か月後には、新しい職場で働くことになります。

先日、次の上司になる方とお会いして、
今後の予定などをいろいろお聞きしました。
最初に研修があるそうなんですが、それが東京で、一泊二日・・・

中学生の長男は心配していないけれど、下の二人はまだ小学生。
母親が一泊でも家を空けることに、やっぱりまだ不安があります。
春休みで、学童は短期間だけは難しいし、塾もその期間は授業が無い。
夫は仕事を休めるかわからない・・・

私が仕事をするようになってから7年。
私の母は他界しているし、実家に一人暮らしの父も、
往復1時間はかかる距離のため、今まで子どもたちが病気をしたときは、
基本的に私が休むか、病児保育を利用していました。
親に頼ったことは一度もない。

夫の妹も、私の弟のお嫁さんも、ずっと正社員で仕事を続け、
子どもを育てていますが、二人とも、実家のすぐ近くに住み、
子どもが病気をしたときだけでなく、平日の家事もほとんどが実家頼り。
そうやって甘えられる実家があることを、羨ましく思ったこともありました。

でも、子どもを産み育てる責任は私たち夫婦にあり、
仕事をする選択をしたのは私だもの、大変なのは仕方がない。
だからできる限り、人に頼らず、甘えず、なんとかやっていかなければ・・・
そう思っていました。

だから、子どもを実家に預ける、たったそれだけのことでも、
私にとってはものすごく抵抗があるというか、甘えに感じたのです。

けれど小学生を放置するわけにもいかない。
夫といろいろ相談して、結局、前の日から、
どちらかの実家に預かってもらおうかという話になりました。
義母に話してもらったところ、二つ返事でOKでした。
ほっとした・・・

それと同時に、思いがけず、こんな言葉をかけてもらいました。

「子どもが病気の時は、遠慮なく言って。
 私が看ながらお留守番しておくから、仕事に行ってね。」

こう思っていてもらえるだけで、どれだけ安心していられることでしょう。
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
私の母の分も、義母を大事にしていなきゃなあと思いました。

子どもを育てることで、母親だけが重い責任を感じる。
責任感は大事だけれど、それが重すぎて、背負い込んでしまい、
その結果いろんなことがうまくいかなくなることもある。

頼ることと甘えることは違う、お互い思いやりの心を持って、
支えあっていけたら、それはそれで、いいのではないかな・・・

少しだけ、私の気持ちのベクトルが変わった義母からの言葉でした。







可愛い~(#^^#)
スーパーセール限定で半額になってる!!