仕事を終え、バタバタと保育園にお迎えに行く、

いつものように慌しい夕方。

次男がよく、「もっと早く迎えに来て!」と言うけど、

実際は6時近くになってしまう。

だからせめて、ごめんねの気持ちをこめて、

遅くなったときはキャンディを一つ渡すことにした。



そしたら、次男は大喜び。

「ママ、今度から毎日遅く迎えに来て!」だって。

子供って単純なものです。

でも良かった。機嫌良くしてくれて。



でも今日は、キャンディ一つじゃ物足りなかった様子。

帰り道、もう一つちょうだい、まだ持ってるでしょうママ!

と私のポケットに手を突っ込んで探す。

もう無いよって言ってるのに全然信用してくれない。

そしてぐずぐず言い出して、機嫌が悪い。



その機嫌の悪さは夕食のときまで続きました。

私は、夕食時くらい、子供たちと楽しく過ごしたいのに、

まだ機嫌が悪くぐずぐず言うから、私もだんだんイライラ。

それに追い討ちをかけるように、次男、



「ママ、明日からあめをいっぱい持ってきてよ。バーカ



親に対してその言い方は・・・!

その時点でもうカッチーン!ときてしまい・・・

大きな声で次男を叱りつけ、

ほっぺをパチンとたたいてしまいました。



次男はあまりのショックに大泣き。

さらにオシッコをもらしながら食べていたものを嘔吐・・・

あ~あ・・・やってしまった。



森田ゆりさんの「しつけと体罰」を読んでから、

体罰はいけない、どんなときにも許されない、

そう決めて、頭ではわかっていても、

感情にブレーキをかけられないことが、たまにある。



こういう態度を取られたとき、どうやるのがベストなんだろう。

どの方法が、私達親子にとって、一番良いんだろう。

もちろん言葉でも私の気持ちを伝えているつもりだけれど、

もしかしたら、大きな声で叱ってたたくと言うのは、

子供にとってはただの脅しでしかないのではないんだろうか。



ママごめんなさい、ごめんなさい。

そう言いながら泣く次男は、

私にいけないことを言ったというのは、

わかってくれているのかもしれない。

でもこういうやり方での弊害があるような気がしてならない。



ごめんね次男。

何がベストかわからない、まだまだ未熟な母です。

でも、ベターな方法を探す努力を、していこうと思います。



次男への反省文でした。